年金・生命保険

年金・生命保険

生命保険会社が保証利率を引き下げました。

第一生命が企業年金の保証利率を引き下げました。 利率を引き下げたのは"一般勘定"という運用商品で、個人では購入できず、主に企業年金(機関投資家)の運用対象として販売されてきました。 第一生命保険は29日、企業から預かる年金資金...
年金・生命保険

idecoの掛金の限度額が2万円になるらしい。

毎月12,000円を積み立てているidecoに朗報です。どうやら私のように月12,000円が拠出の限度額だったものが月2万円に拡大される方向だということです。 自分の運用次第で受給額が変わる個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)。...
年金・生命保険

GPIFが基本ポートフォリオを変更。外国債券比率を引き上げました。

約160兆円を運用する世界最大の機関投資家、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、新しい基本ポートフォリオを、31日に発表しました。 新しい基本ポートフォリオ 2020年4月1日からの新たな資産構成は、外国債券の割合を...
年金・生命保険

世界最大の機関投資家のGPIFがポートフォリオを変えようとしています。

約170兆円もの資産を運用し、市場の"クジラ"とも呼ばれるGPIF。GPIFが2020年3月までにポートフォリオを変更しようとしています。 GPIFとは GPIFの正式名称は"年金積立金管理運用独立行政法人"といい、公的年金の...
年金・生命保険

専業主婦は年金をいくら貰える?専業主婦の年金は1500万の価値がある。

1月24日、厚生労働省より年金額改定のするとの発表がありました。 賃金や物価の伸びに合わせて、毎年年金額を改定するもので、今年(適用は2020年度の年金額)の改定率は+0.2%でした。 内訳ですが、実際の賃金・物価による改定率...
年金・生命保険

退職金の損しない貰い方。まずは税金を計算しよう。

去年(2019年)は退職金や年金と言ったニュースが多かったですね。 私の考えは、もちろん公的年金じゃ足りなくて、退職金や企業年金(企業年金は退職金の一部という意味ですが)をうまく活用すれば、心配することはないということが...
年金・生命保険

知り合いの個人年金を分析してみた。個人年金は得なのか損なのか。

私自身、生保や年金に関してはidecoのみ加入していまして、生命保険や個人年金の類は何も加入していません。そのため、会社の上司からは さみしいやつやな! と言われましたが。笑 突然ですが、この間知り合いに「個人年金の確認...
年金・生命保険

年金の財政検証とは?(2/2)

前回の記事で、公的年金の"財政検証"とは何かについて説明しました。今回は、2019年8月27日に公表された2019年度の財政検証の結果について説明したいと思います。 結果としては13ページにまとめられていますが、経済前提が多数あるな...
年金・生命保険

年金の財政検証とは?(1/2)

2019年8月27日、厚生労働省より公的年金の財政検証が公表されました。 財政検証とは、公的年金の"健康診断"のようなものです。5年に1度、新しい経済前提や人口統計をもとに100年間のシミュレーションを行い、長期的に年金制度...
年金・生命保険

退職金はいくら貰えるのか。退職金と企業年金との違い。

年金の2000万円問題が相変わらず、話題になっています。 2000万円足りないといっても、実は公的年金部分に限って考えると足りないという話です。しかし、サラリーマンの場合、定年時に退職金が1000万円から2000万円貰えることが一般...
タイトルとURLをコピーしました