金融知識

金融知識

知らないほうが幸せかもしれないインフレの話。

新型コロナワクチンも先進国中心に普及し始めて、日次の感染者も低下傾向です。米国では国民の半分以上がワクチン接種を終え、その効果あってか2021年1月のピーク時には30万人/日あった新規感染者数も、足元では1万人台にまで減ってきました。 ...
金融知識

the 2021 CNBC Disruptor 50 companies

「2021年の破壊者トップ50」というタイトルで、CNBCが選ぶ次世代のベンチャー企業(プライベートカンパニー)が発表されました。今回で9回目だそうです。 さすがアメリカという感じですが、すでにこのリストのうち半数以上は10...
金融知識

生まれて初めて確定申告をしました。

タイトルどおり、生まれて初めて確定申告をしました。 私は「いち社畜」なので、源泉徴収でことが足りるのですが、ふるさと納税を間違えて6自治体以上申し込んでしまったことと、一回くらい経験しようかと思い、確定申告を行うに至りました。 ...
金融知識

2021年の投資の始め方。10年以上投資するなら株式は90%。

2020年は「コロナショック後に投資を始めて儲かったよ。」という方も多かったのではないでしょうか。底の根の3月末に投資を始めていれば、S&P500(米国株指数)は2200から3800に73%上昇、NASDAQ(米国ハイテク株指数)...
金融知識

劣後債って個人で買えないのかな。

最近の新聞では劣後債の発行のニュースが飛び交っています。劣後債とは文字の如く、普通の債券より会社が潰れた時の返済順位が低い代わりに、利回りが高く発行されるものです。 アライアン・バーンスタインより 企業が社債を発行する際、通常...
金融知識

年末年始の暇つぶしに。ウォーレン・バフェットが薦める4冊の本。

コロナショック等いろいろあった2020年もとうとう終わりに近づきました。一年前の今頃は、「米中問題収まれ!トランプ黙れ!」と思っていましたが、まさかこんなウイルスが発生して、それでもってこんなにマーケットがV字回復すると思っていませんでし...
金融知識

パッシブ運用信者がアクティブ運用を始める。パッシブ・コアを考えてみる。

11月は株高が続き、S&P500は11月だけでも7%の上昇となりました。年初来で見ても、コロナを影響を戻したところか12%も上昇しています。この株高がいつまで続くのか・・・。 さて、このような投資家としてはウハウハな...
金融知識

自分のポートフォリオに合った運用商品の定量評価の方法。

パッシブの運用商品はいいのですが、気になるのはアクティブの運用商品。私もゴールドマンサックスという名前だけで選んだアクティブの運用商品を始め、株式投資のうち3割くらいはアクティブ商品に投資しています。 投資してから3年以上たつものも...
金融知識

私が金に投資しない理由。

株式投資メインの私ですが、毎月積み立てているロボアドバイザー投資のTHEOでは、間接的にですが金や不動産に投資しています。具体的には「インフレヘッジ」という資産クラスです。 基本的に伝統的な資産と言わる株式・債券は、①積極的...
金融知識

バリュー株とグロース株。投資スタイルの話。

コロナショック以降、こんな記事が良く目につきます。 17日の東京株式市場で、日経平均株価は前日終値をはさんで方向感の乏しい展開になっている。台湾積体電路製造(TSMC)の4~6月期決算が最高益だったことを手がかりに半導体関連株が買わ...
タイトルとURLをコピーしました