市場環境

市場環境

好調な経済指標が続々と。S&P500もとうとう4000に到達。

S&P500がとうとう節目である4000を超えました。バイデン大統領が打ち出した2.5兆ドル(約250兆円)規模のインフラ計画や、雇用統計では5カ月ぶりの大幅な雇用増加が予想されていることが好感されたとのこと。 さて...
市場環境

金利が上昇しても心配ない。JPモルガンレポートの紹介。

このブログでも幾度と記事していますが、2021年に入って長期金利が上昇しています。 2020年末ではまだ1.0%未満だった長期金利(ここでは米国10年を指します)は、3月の中旬に1.7%を超える水準まで上昇しました。 ...
コロナショック

ブルマーケットの始まりはここからだった。コロナショックから1年が経ちました。

2020年3月24日、コロナショックの底値を付けてから1年が経ちました。 2月19日に過去最高値を記録して1ヶ月程度で34%下落しました。ちなみにタイトル画像は、底値を付けた3月23日の翌日(3月24日)のマーケットです。1...
市場環境

年末の株価予想のニュースが出てきました。(シーゲル教授&トム・リー)

年末年始はよくニュースになっていたのですが、ワクチンの有効性や1.9兆円の追加財政政策の成立等、先行きが不透明なイベントが多かったせいか、あまり「年末のS&P500はいくらになるのか?」というニュースがありませんでした。 し...
市場環境

米国長期金利の目安は1.5%。金利上昇による株価への影響。

日本の長期金利もそうですが、米国の長期金利が上昇しています。 少し前にも金利上昇懸念について記事にしましたが、あれから(当時は1.2%程度)一段と上昇し、足元では1.4%に届こうとしています。 今回は日経の...
市場環境

好決算で日本株のPERが低下しているそうです。

日経平均株価も節目の29,000円を超えまして、益々割高感が高まっています。ちょっと前まで24,000円を最高値として、2年ほど「24,000円を超えるか超えないか」という相場の中にいたので、一気に29,000円まで上昇してしまったことは...
市場環境

日経平均が29,000円を超えたけど不安な金利上昇。

2月8日、日経平均株価は1990年8月3日以来、30年6カ月ぶりに終値で2万9000円を超えました。 この日、ソフトバンクグループ発表した2020年4~12月期の連結決算が好調だったことにより、日経平均株価を80円押し上げました。世...
市場環境

バイデン次期大統領1.9兆ドルの経済対策を発表。世界恐慌の再来懸念?

米議会は1月7日、上下両院合同会議を開いて民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)の次期大統領選出を確定しました。これを受けて、バイデン氏は20日正午に第46代米大統領に就任することが決まりました。 11月3日の国民投票で両者いず...
市場環境

2021年の10大リスク。

この時期になると発表される米調査会社ユーラシア・グループの世界の「10大リスク」です。1月4日に2021年の10大リスクが発表されました。 ちなみに2020年の予想はこちら。振り返って見ると、米大統領選挙はまさに波乱万丈でしたが、新...
コロナショック

世界で続々と追加財政対策を決定。

寒くなってきたせいなのな、ウイルスが人類に対抗して変異しているせいなのか、新型コロナウイルスの感染者が再拡大しています。あわや全世界で1億人に達しようとしており、これに合わせて、全世界の政府は続々と追加の財政政策を打ち出しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました