CIIAの合格率。証券アナリストより難易度は高いのか。

CIIA受験記録
スポンサーリンク

1月のTOEICが終わり、2019年3月のCIIA受験モードに入っていろいろ情報収集していましたが、そういえばCIIAの合格率はどれくらいだろう?ということで、例のごとく検索すると証券アナリスト協会HPへ。

CIIA( 国際公認投資アナリスト)
公益社団法人 日本証券アナリスト協会
日本証券アナリスト協会は、証券アナリストをはじめとした金融・資本市場のプロを育成することと、それを通じて日本経済の発展に寄与することを目的に事業活動を行っている公益社団法人です.

去年(2018年3月)は概ね60% 。50人受験して30~40人くらい受かっています。ただ2017年から試験が年1回に変更されているので、まだ傾向が安定していなそうなんで油断は禁物です。

CMA(証券アナリスト)が1次・2次とも合格率50%前後なので、目線は同じなのでしょうか。まぁ私はその50%を1回落としている(2次試験)ので、油断はできないですが。

昔、資格試験をいろいろ受けている上司に”合格率40%以上は、それなりに勉強した奴は必ず受かる!”と言われたことがあります。

確かに世の中には「落とす試験」と「受からせる試験」が存在していて、CIIAやCMAは後者の試験かと思います。

私がCMA2次試験を落ちた時も、振り返ってみれば勉強していなかったなぁと思いました。

ちなみに2月は、 有給消化という名目で、 ちらほら会社を休んで勉強するつもりです(予定)。

タイトルとURLをコピーしました