投資思想

市場環境

ベストを取りこぼすとリターンは3分の1以下に低下。長期投資の重要性。

2020年も気づけば半分を過ぎていました。 さて、モーニングスターの統計によると、2020年の上半期はパッシブへの流入超過額が過去最高を更新したそうです。 2020年上半期の一般投資家が購入可能なファンド(※)への純資金流出入...
金融知識

セル イン メイ(5月に株を売れ)を検証。

2020年5月は、経済活動の段階的な再開への期待感などから、株価が上昇しました。NYダウは4.26%、日経平均株価は8.34%上昇しました。 一方で、5月は「セル イン メイ(Sell in May)」=「5月に株を売れ。」...
コロナショック

アフターコロナを考える。持ち家か賃貸か。自分は田舎に家がほしい。

日本でも、4月7日に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令して、早1ヶ月。 通勤電車のほうもかなり人が減ってきました。今ではいつでも座れる状況です。 逆を言えばリモートワークに移行した会社も多...
金融知識

強気相場はいつやってくるのか。弱気相場のサインを確認しよう。

2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が間もなく成立するとの期待かた、米国株式市場は26日に3日続伸となり、NYダウ平均株価は23日の安値から2割超上昇しました。 23日の安値である18,213ドルから、26日の高値である22,5...
運用実績

安く買って高く売ることは難しい。”最高の日”を選択できるか。

新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞で、株価が連日連夜下落しています。世界各国も様々な経済対策を打ってきています。 日本経済新聞より "期末"という評価軸がある機関投資家だけでなく、個人投資家も投げ打ってしまってい...
コロナショック

コロナショックの中、世界の超富裕層が株式爆買い。

コロナショックで世界の株式が30%下落している中、世界の超富裕層が株式を爆買いしているとのニュースがbloombergより出されました。 記事によると、世界各地の市場が混乱する中で、世界の超富裕層の一部は投...
金融知識

労働するより節約して投資をしよう。ピケティの「21世紀の資本」。

華々しい投資の話と、地味な節約の話。 全然違う世界の話のように思えますが、この資本主義の世界の話では、切っては切れない関係があります。 資本収益率(r)>経済成長率(g)21世紀の資本 トマ・ピケティ フランスの経済学者...
金融知識

投資と投機の違い。FXが難しい理由。

「投資」と「投機」の言葉の違いをご存じでしょうか。 <投資>利益を得る目的で、資金を証券・事業に投下すること。 <投機>偶然の利益を狙って行う行為。将来の価格変動を予想して、価格差から生じる利益を目的に行う売買取引。 ...
タイトルとURLをコピーしました