サイゼリヤに人生を変えてもらった話。(アクチュアリー受験の思い出)

アクチュアリー

CFAに向けて頑張って勉強しています。

つい先日、ふとニュースを流し読みていたら、サイゼリヤの記事があったので思わずツイートしてしまいまして、ツイートに飽き足らず、いろいろ思い出したのでブログの記事にしてみました。

CIIA受験のときも記事にしたのですが、私は家では勉強できません。正確に言うと、最近はコロナの影響もあっていつも拠り所にしていたファミレスやカフェが20時までしか営業していないので、夜型の私は家で勉強せざる得なく、最近は比較家で勉強してます。

最近は家で勉強することも慣れてきましたが、「ちょっと休憩しようかなぁ」とか「少しだけ仮眠しよう」と思ってしまい、そわそわしてしまいます。最近は通勤も在宅勤務で減り、休日にどこか遊びに行くことも少なくなってしまったので、土日なり仕事終わりに家で勉強するとなると、完全に引きこもりです。腰も痛くなってくるので、外で勉強することは、ある意味軽い運動でもありました。

振返ってみると、アクチュアリー試験のときからですかね。家で勉強できなくなったのも。

高校・大学は学校の自習室があったので、特に勉強場所に困りませんでした。

しかし、社会人になって一人暮らしになると、ワンルームの部屋では一歩動くだけで、何でもできてしまいます。ワンルーム時代は机の横に(そもそも机と呼べるような代物でもなかったのですが)、ベッドがあり、少しでも飽きるとベッドにダイブしてしまっていました。

結局、午前中カフェ1件目、ランチ食べて家に帰って少し昼寝して夕方くらいからカフェ2件目、21~22時くらいに遅めに夕飯を食べにファミレス行って、あとは体力が持つまでお勉強・・・。

これがアクチュアリー試験(1次・2次)を受けていた頃のローテンションでした。試験が12月でしたので、涼しくなってきた9月くらいからこのような仙人のような生活をしていました。会社の同期や友達からは

お前、夏が終わると行方不明になるよな。

と言われていました。結局こんな生活は4年ほどで終わりました。一日最低10時間(そのかわり平日はそんなに勉強しない)という生活をこなしていました。あのころは若かったです。今では2時間も座ってれば腰や肩が痛くなるし、5時間も勉強している目まいがしてきます。笑

YOUTUBEで朝、仕事行く前に勉強している人の動画がありますが、在宅勤務のときですら朝起きて勉強しようとは思わないですね。これから仕事でヘトヘトになるのが分かっているのに、朝から少ないHPを消費できる元気がないです。

そんなファミレスの終着点がサイザリヤでした。なんでザイゼリヤだったかというと、家の周りに意外とファミレスがなく、唯一あったのがサイゼリヤでした。しかも当時のファミレスには珍しく「一人席」があって、混んでくる店内の中4人席を占領してしまうリスクもなく、また立地的も学生が多くて、私のような流浪人が多くいたので、変な気まずさを感じることもなく便利でした。

一応申し上げておくと、当時もやっぱり「カフェやファミレスで勉強するな」「長時間占領するな」という声はネット上にあったので、そこは気を使っていました。混んで来たらいなくなるし(気まずさから勉強できなくなる)、混んでる時間帯であるお昼から夕方までの間はカフェに行かないようにしていました。(昼寝していました。)

サイゼリヤは本当に土日はマストですし、なんだかんだ夕飯食べに平日も行っていたので、多い時は週5くらいで通っていました。しかもいつごろからか忘れましたが、頼むものも決まってしまっていて、毎回「ディアボラ風ハンバーグとライスとドリンクバー」でした。

なんなんですかね。毎回行くたびに「今日は違うもの食べよう」と思うのですが、結局変なリスクを負うのを避けるのか、やっぱり味が好きなのか、毎回同じ。

ツイートにあるとおり、お姉さんの店員さんに「いつものでいいですか?」と聞かれるようになっていました。半年通っては半年いなくなるという状況だったので、とある2年間だけでしたし、それ以上の会話は結局何もなかったですね。

人生で唯一「いつもの」が使えるお店。それがサイゼリヤでした。

どこかの記事で書いたかも知れませんが、東京でのアクチュアリー試験の1年目は大失敗しました。しかし、サイゼリヤに通い始めてからはリズムが出来たのかディアボラ風ハンバーグが頭にいいのか、そのあとは順調に進みました。

それからは、当時の苦しい状況を思い出したくないのか、思い出は思い出として綺麗に残しておきたいのか自分でも分かりませんが、そのサイゼリアにはもう二度と足を運ぶことはありませんでした。

実は先日、当時のことを思い出してサイゼリヤ(当時とは違う店舗)でCFAの勉強をしてみました。そのお店も一人用の席があってそこに通され、昔と同じようにディアボラ風ハンバーグとライスとドリンクバーを頼みました。メニューも当時のままでした。当時と違うのは(アクチュアリー試験を受けていた頃も、そんなに言うほど昔ではないのですが)、ディアボラ風ハンバーグを食べ終わったら結構胃がしんどかったこと。

もうあの油の量がダメなんでしょうか・・・。ちょっと気持ち悪くなってしまいました。笑

せっかく来たんだからと、コーヒーやコーラを飲みながら3時間ほどお勉強。それなりに勉強も進みましたし、とりあえずインプットせねばとがむしゃらに頑張っていた頃を思い出してモチベーションが少しだけ上がりました。

実は私にとって人生で一番勉強した時間というのはアクチュアリー試験のときなんです。普通の人は大学受験のときが多いのかと思うのですけど(東京にきて「一番勉強したのが小学生(中学受験がピーク)」という人が比較的いて驚きました。)、田舎出身であまり周りも大学進学を意識していない中、なんとなく大学受験を通過してしまった自分としては、アクチュアリー試験に受かったことが唯一の成功体験となってしまっていました。

成功と言っても一般的な成功ではなく「自分で目標を立てて達成した」というものですが。

というわけで、サイゼリヤのおかげで「人生唯一の成功体験を経験できた」という話でした。

タイトルとURLをコピーしました