ニトリのタンスを修理した話(その2)。またタンスレールが壊れました。

雑記
スポンサーリンク

また、ニトリのタンス(ローチェスト(クエス 80-4LC WH))が壊れました。とはいえ10年近く使用しているので、いろいろとガタがきているのはしょうがないと思います。

約1年前にも修理しました。当時は引出の方についているタンスレールが壊れました。今度は、タンス本体(引出しじゃないほう)のタンスレールが壊れてしまいましたので、また修理の記録を残しておきたいと思います。

壊れたのは、引出しと本体を繋ぐレール部分です。レールに付いていたローラーがものの見事に外れてしまいました。10年も使っていたせいで軸が摩耗してしまったせいでしょうか。

実は前回修理した時に、本体側のタンスレールは使わず取っておいたので、それを利用することができました。

元のパーツと交換用のパーツを比較したものがこちら。大丈夫そうです。

プラスドライバー一本で交換完了。年季のせいか、ネジがきつくなっていたので、危うくネジ山をなめそうになりました。

引出しを設置したあとの画像がこちら。無事、引出とうまくかみ合ってくれました。動作には問題ありませんでした。

結果10分ほどで交換が完了しました。

タイトルとURLをコピーしました