先物と先渡し何が違う。証拠金の話。

CIIA・証券アナリスト
スポンサーリンク

ここのところ、過去問だけじゃなく、いろいろ疑問になったところをじっくり調べるようにしました。

CMA(証券アナリスト)は良く分からなくても、暗記しとけば大丈夫!という感じの試験だったので、当時は曖昧なまま突き進んでいたのですが、CIIAは「説明せよ」という形式の問題が多いので、改めてちゃんと理解しておこうと思います。

まずは「先物取引」と「先渡取引」の違い。どちらも将来、決めておいた価格で取引するもので、私自身、先物は貨幣で、先渡は「渡す」から現物(金とか小豆)かなぁ~くらいに思っていました。

先渡先物
取引場所相対取引取引所取引
取引対象
/満期日
自由標準化
決裁タイミング契約満期日日々値洗いし、評価損
の拡大に応じて証拠金
積増し。
差金決済も可能。
デフォルトリスクありなし(証拠金)

大きな違いは、
・取引所取引か
・証拠金を積み増すか
といったところでしょうか。

先物の仕組みを知らないとできない問題が過去に出ていて(2017年3月)

金先物の価格は1オンスあたり取引開始時点の1285ドルから、1279ドルに低下した。当初証拠金の残高を計算しなさい(200オンス購入)。

※当初証拠金の金額は4000ドル、維持証拠金の金額は3000ドル

6ドル×200オンス=1200ドル下がる。そうすると、当初証拠金が2800ドルに減少し、維持証拠金を下回るから、きっと証拠金を払わなきゃいけないんだな~と思うわけです。

証拠金に種類があると知らないもので、「維持」証拠金という名前から、きっと維持証拠金(3000ドル)まで追加するんだ!200ドル追加だ!(維持証拠金まで戻す!)という感じでしょうか。FXやってる感じで(FXことないですが)。

解答をみると

この残高は維持証拠金を下回っている(2800<3000)ので、当初証拠金の金額まで戻す必要がある。そのため、1200ドル差し入れる必要がある。

そのルールしらん・・・。またひとつ賢くなりました。実際の信用取引でも、当初証拠金や維持証拠金という概念はあるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました