腰痛持ちのため、CIIA受験前に整体に行ってきた話。

ダイエット・トレーニング
スポンサーリンク

実は、CIIA(国際認定投資アナリスト)の試験前から整体に通っていました。3ヶ月くらい通いまして、個人的には初めての経験だったので、記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

私の整体のイメージ

前提として、私は今まで生きてきて整体はもちろんマッサージの類も受けたことありませんでした。

あえて言えば、美容室にいくと当初は肩・背中周りのマッサージをやって貰っていましたが、痛いorくすぐったいで、なんとなく嫌な雰囲気を出していたせいか、はたまた頭皮が危うくなったせいか、頭皮のマッサージを念入りにやって頂くようになりました。

もともと腰痛になり易い体質で、高校生のころからぎっくり腰に近い症状が出ることがありました。

そのため、長年予防のための筋トレは続けており(お医者さんに腹筋・背筋を鍛えろと言われた)、日常生活になんの支障もないというのがここ何年も続いていました。

しかしながら、仕事が忙しい時期になると座ってる時間も長期化し、さらに仕事が忙しいゆえ筋トレもサボりがちになると、 2年に1回くらいぎっくり腰をする(歩けなくなる)というのを繰り返していました。

この年末年始がまさに忙しく、ぎっくり腰とはいかないまでも、例えばコピーを取りに立ち上がると腰が痛い・腰が痛くてずっと前のめりの状態というのが続きました。「少しつまずいたらぎっくり腰に確実になる」という自信があるくらいです。

長年の経験則から、これは筋トレしなくては!ということで、ジムにも頑張って通っていました。しかし、回復の兆しはありませんでした。

スポンサーリンク

整体に行こうと思ったきっかけ

ちょうどそのころ、同じように「腰が痛いんだよねー」と言い出したジムの友人がいました。この友人は腰痛は初めてのようで、すぐに病院に行きました。

すると、 “ヘルニア”と診断され、当分運動は禁止と言われてしまいました。あとで整体の先生に教えて貰ったんですが、

腰痛をそのままにしておくと、どんどん悪い方向に筋肉が動いていって、ある限度を超えたところで骨格に負荷を掛ける=ヘルニア(椎間板が神経を圧迫して痛みが生じる)になる

という仕組みだそうです。ヘルニアは遺伝的要素が大きいかなと思っていたんですが、誰でもなる可能性があり、慢性的な腰痛に悩まされていたら注意とのこと。

私も長年腰痛と共に生きてきたので、ヘルニアで悩んでいる方をたくさん見てきました。何回も手術した方の話も複数名から聞いたことがあります。

なので、常々私は”ヘルニアだけはなりたくない”と考えており(一度なってしまうとなかなか治らない認識)、いままでお医者さんに言われたこと(安静期間・薬の服用等)は厳守し、トレーニングにも励んでいました。ぎっくり腰のたびにMRIを撮って診断してもらっており(1回1万円くらいする)、今のところヘルニアではないと信じています。

長くなりましたが、腰もぎりぎりの状態で、トレーニングにより悪化する※のもなぁと悩んでいた解決策として、整体を選びました。

※トレーニングが悪いというわけではなく、あくまで予防ということです。

スポンサーリンク

整体に行ってみた

とはいえすぐに足を運んだわけでもなく、値段高いな~、あのゴキゴキ意味あるのかな~、本当に効くのかな~と何日も悩みましたが、痛いのは変わらないということで、家の近くの整体にいきました。

実は通っているジムに整体師の友人がいて(ヘルニアになった人とは別)、以下のアドバイスをもらい、 忠実に守りました。

※この友人に施術をお願いするのもありだったんですが、後述するように通院の利便性を考えると家の近くのが良いという判断になりました。

  • すぐ効果は出ない(筋肉や骨格に癖がついてしまっていて、すぐ筋肉等が元の悪い位置に戻ってしまう)
  • 少なくも2ヶ月はいくこと
  • 最初は毎日くらいでも通って、徐々にペースを落とすこと

結果として、施術いただいた先生がよかったのか、かなりよくなりました!

スポンサーリンク

通院の状況

最初1ヶ月くらい(最初の10-15回くらい)は最低でも3日に一度は通院してました。

施術後はかなり良くなるんですが、 次の朝には戻ってしまっているという状況で、あのヤブ整体師め!このまま永遠に治療費払わせる気か!と思ってしまっていました。

今考えれば、まさに筋肉・骨格の癖を矯正している段階ですから、当たり前なんですけどね。その状況を正直に整体の先生や、先ほどの友人に相談したところ、

セルフケアが重要

ということで、毎日自分でもストレッチをするように言われました。ついでに効果的なストレッチもいろいろ教えて貰いました。

ちなみに最初はyoutubeで、「腰痛 ストレッチ」と検索して出てきたものをやっていたんですが効果が感じられず、やはり施術してもらっている人に聞いたストレッチでないと、効果は出ませんでしたね。

継続は大切で、ストレッチを始めて1ヶ月くらいすると、腰回りの重さ・ダルさは徐々になくなっていきました。

この頃の整体は週に1回のペースになっています。しかし、ストレッチを怠けると重さ・ダルさが復活するので、お風呂上がりに15分だけでもするようにしています。今では、整体に通うのは、2週間に1回程度になっています。

スポンサーリンク

最後に

CIIAの6時間耐久テストに腰が耐えられるか不安になったのも一つの要因でした。しかし、おかげさまで乗り切れました。ゴキゴキも慣れると気持ちいいです。効果は正直よくわからなかったですが。

私の腰痛は人と比べて酷いんじゃないかと思っていたんですが、整体の先生曰く「もっと酷いと針になるよ」と言われたので、もっと重症パターンがあるとのこと。汗

あとは年末年始の寒さも影響したのかもしれません。もし、腰痛に悩まれてる方、もしくは初めて腰痛を経験されている方がいらっしゃったら、ヘルニアになる前に、早めに対処ください。健康が一番ですからね。

CMA(証券アナリスト)の2次試験も同じくらいの試験時間ですから、6月に受験される方の助けになれば幸いです。

なお、症状や整体に関する意見感想は、全く医療知識のない個人のものです。なので、上記の内容鵜呑みにせず、必ず専門家の意見のもと判断するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました