ロボアドバイザーTHEOの運用実績(2019年9月末) 。

THEO(ロボアド)
スポンサーリンク

毎月3万円ずつ投資しているTHEOの運用実績の確認です。

前回8月末は△1.62%(円ベース)でしたが、9月末の結果は+1.91%とプラスに回復しました。

株価は、FOMCの2会合連続の利下げもあり、NYダウは一時期27000ドルまで回復。ドル円も9月1日の106円30銭から、9月末は108台まで円安が進んだことが大きいですね。

ドルベースだと3.78%。

9月は、FOMCが2会合連続の利下げを実施したことと、米中貿易交渉期待の進展により、株価上昇という方向になりました。

ただ、10月初旬は、ISM製造業・非製造業をはじめとする景況指数が先月より悪化したため、株価が大きく下落しています。

収益率ベースに換算したものがこちら。

インド・メキシコの下落が目立ちます。中国は意外とプラスになっていました。

個人的にインドは今後伸びていくと思っているのですが。

相変わらず不動産・金にお金が集まっています。比率は低いですが、パフォーマンスもいいです。やはり全体的に為替の影響を受けやすいので、容易にプラス・マイナスが変わります。

今後は米中貿易交渉・ブレクジットの動向に要注意です。



タイトルとURLをコピーしました