ロボアドバイザーTHEOの運用実績(2019年6月末)

THEO(ロボアド)
スポンサーリンク

2018年から毎月3万円ずつ投資しているTHEOの運用実績の確認です。

6月末は0.82%でした。

5月は米中貿易問題が再燃して下落しました。

足元は米国金利引下げの雰囲気になり、米国株価は再び最高値にトライ!という状況です。円高の影響もあるのでしょうか。

CIIAでも勉強しましたが、金利差大きくなると、金利が高い方にお金が流れる(リスクフリーレートが高いほうが投資効率が良い)ので、金利が低い国の通貨が安くなります。

約1年前に米国10年金利が3.2%まで上昇しましたが、足元はほぼ2%まで落ちてきました。為替もこれに合わせて、円高になっています。

過去1年間の金利と為替

ちなみにドルベースの収益率は3.63%でした。細かく中のスタイルを見ていきたいと思います。

大きなマイナス要因としては日本株の低調でしょうか。12月に下落してからなかなか戻ってきません。次に先進国株・先進国債券のマイナスが目立ちますが、これはは円安の影響ですね。

逆に好調だったのは現物の不動産。最近の経済指標の悪化や米中貿易問題を受けて、安定資産に流れているようです。

株中心の長期投資ですので、年率5%を目指して推移してくれるとうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました