個人型確定拠出年金の運用実績(2019年10月末)。

ideco
スポンサーリンク

毎月12,000円を積み立てている確定拠出年金の運用実績です。

10月末までの実績は10.85%でした。先月の8.88%から続伸です。

先月と比べると、どのファンドの評価損益も増加しました。

10月のマーケットを振り返ると、日本株が大きく上昇しました。先進国も、米国・ドイツは上昇しています。

REITは相変わらず好調です。いつまでこのバブルが続くことやら。

株はこのまま年末まで上がっていく声が多いようですし、金融緩和で債券の利回りが下がり続ける中、投資先としては不動産しかないので、なんだかんだこの先数年はREIT頼りかな。

この時期(10月~11月)になると、国民年金基金連合会というところからお手紙がきます。

このお手紙は決して捨てないでください。このお手紙は年末調整で必要な用紙です。

idecoは小規模企業共済等掛金控除という税制優遇があり、本来は課税前に給与から控除される取扱いになります。

しかし、実際は給与を受け取ってからidecoの掛金を支払っており(私の場合は銀行口座から自動引き落とし)、税制優遇を受けていない状態です。

そのため、年末調整で”本来払う必要のなかった税金を返してもらう“手続きを行います。

まだ10月までしか払ってないけど書類が来てしまって大丈夫?11月~12月分は?と心配になるかと思います。

そこは大丈夫です。予定金額として計上されているので、この紙で”1月~12月までidecoに掛金払ったよ”という証明になります。

これにより、サラリーマンの方でも3万~10万円還付されることになります。

私の場合、月12000円なので3万円くらいでしょうか。

忘れずに年末調整してくださいね!

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

タイトルとURLをコピーしました