平成が終わったので、令和に向けて株式市場を振り返ってみました。

市場環境
スポンサーリンク

タイトルどおり、平成が終わったので令和に向けて株式市場を振り返ってみました。

新聞等では、平成は「波乱の相場だった」と締めくくっており、日経平均株価が平成の間で26%下落したとのことでした。

平成の「大納会」 時価総額バブル期超え 

東京株式市場で26日、平成最後の取引が終わった。日経平均株価の終値は2万2258円と、昭和の末(1989年1月6日、3万0209円)から7950円(26%)下落した。平成はバブル崩壊に始まり、長引くデフレ、リーマン・ショック、その後のアベノミクスなどを経た波瀾万丈の30年だった。

日経新聞電子版 2019/4/26
日本経済新聞2019/4/26より

ご覧のとおり平成が始まってすぐにバブルが崩壊し、その後はただただ経済成長が滞り、私が学生のころは「失われた20年」と言われていましたが、結局賃金上昇や物価上昇を考えると、平成の30年間丸々「失われた時代」になってしまったのかもしれません。

他の先進国はどうだったのか?と疑問が湧いたので、 株式市場の成長を比較してみたいと思います。意外と過去30年間のデータというものはネットになく、いろいろなサイトを使ったので、グラフの統一感がなくて恐縮です。

  • 日本:TOPIX
  • アメリカ:S&P500
  • イギリス:FTSE100
  • ドイツ:DAX
  • 中国:上海総合

上記の株価指数はすべて時価総合加重平均型です。
日経平均株価のように、額面が小さいものも補正して作っている指数だと、どれだけ市場自体が拡大したのか分からないので、時価総額加重平均型に絞って比較しています。

時価総額加重平均を選んだ理由はCAPM理論にも当てはまるからです。

なお、上記指数はどれも配当は含まれていません。

配当が含まれていると、より実際の運用(再投資型)に近い比較ができたかと思いますが、そういった指数は有料のようなので、諦めました。泣

スポンサーリンク

日本(TOPIX)

1989年の年初は2375.30ポイントでした。

1989年の年末には2884.80ポイントの最高値を記録し、それ以降現在まで更新されていません。平成最後(2018年4月26日)の終値は1617.93ポイントと、平成の間で32%下落しました。

スポンサーリンク

アメリカ(S&P500)

S&P500は、1989年1月3日に279ポイントで始まったようです。そして2019年4月30日の終値は、2945.83ポイント10.5倍になりました。

スポンサーリンク

イギリス(FTSE100)

なぜかgoogleでしか見つからなかったので。

1989年初では1811.30ポイント、足元の2019年4月30日では7418.22ポイントと、アメリカに及ばなくとも約4倍になっています。

スポンサーリンク

ドイツ(DAX)

ちなみに、DAXは「Deutscher Aktienindex」の略で、 フランクフルト証券取引所で取引されるドイツの主要30銘柄で構成される指数です。

1989年初では1359.98ポイント、2019年4月30日の終値は 12,344.08ポイントと、 約9倍となりました。

スポンサーリンク

中国(上海総合)

前提として1990年12月19日を100として算出しており、実際に算出が開始されたのは1991年7月15日からとのことです。

2019年4月30日の終値は、3078.34ポイントとなんと30倍。お年玉をこつこつ積み立てていれば今頃は・・・という妄想をしつつ。笑

スポンサーリンク

まとめ

指数(配当除く)リターン(倍)
日本TOPIX0.68
米国S&P50010.5
イギリスFTSE1004.1
ドイツDAX9.1
中国上海総合30.8
※中国は1991年7月から、それ以外は1989年1月から2019年4月末まで

とはいえ、日本市場の低迷具合が凄まじいですね。

最近メディアでよく取り上げられているので、目にする機会はあったかと思いますが、平成元年と平成30年の時価総額ランキングです。

4月30日のBBCニュースでも「optimistic time (楽観的な時間)」と書かれていました。

It was an optimistic time. Japan was rich, at the height of its post-war economic boom. Sony was about to buy Columbia Pictures and Mitsubishi was on the verge of buying the Rockefeller Center in New York. The talk, in much of the world, was of Japan the new “superpower”. (ソニーはコロンビアピクチャーを買収するところだったし、三菱もロックフェラーセンターを買収しようとしていた)

BBC 30 April 2019

こう考えると「平成は経済が低迷した」ではなく「平成元年(もしくはその直前)が良すぎた」ということなのでしょうか。

今後、人口減少・高齢化とマクロの大きな課題が圧し掛かる国ですが、せっかく元号も変わったことですし、前向きに考えていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました